スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命は小さくても大きくても

犬や猫を大切に家族の一員として
一緒に暮らしておられる方は多いと思いますが
小さな鳥でも 家族としてお迎えして大事に育てれば
犬や猫以上に賢くて 魅力的な部分がたくさんあります。
しかし それを気付いていない方が多いです。

犬猫病院は鳥を診察してくれる病院よりも多いし 
オモチャや食べ物、グッツ・書物などはたくさんあるし 
研究も進んでいる。

便利なものが 鳥より環境が整っていると思うのです。


それに比べ 鳥は体が小さく
セキセイなどはショップでもそれほど高くない値段、
鳥カゴという小さなスペースで 
世話も簡単で飼いやすい
癒しにもなるし 可愛いからと 自分が求めているものを
満足させてくれるとばかり思って
命の責任感も それほど考えなく飼ってしまわれる方が
いるように感じます。

きっかけは そうであっても 
鳥の魅力・命の大切さが後からでも育てて
解ってくれればいいのですが・・・。



そういう風に思うのも
ゴエも小さな頃から色んな動物に接して今に至ります。
最初から何もせずに理解するのは難しいと思うのです。

しかし、残念なことに
昔、飼っていた経験があるのに
大人になっても 人の親になっていても
全く解ってない方がいます。

家族なら 子供が障害をもっていたり 
病気したりしたら真剣に悩み
どうにかしてあげたいと行動を起こすでしょう。

犬や猫 小さな動物 鳥であっても 
家族の一員としてお迎えしたのであれば
相手は人間であっても 小さな鳥であっても
思う気持ちはゴエは一緒なのです。

だから 障害があっても 人に懐かなくても 噛んだり 
病気になったり 世話が思ったより大変でも 
自分の子供なら すぐ投げださないのに
鳥だったら 自分の思うようにいかなくなったら
簡単に諦めてしまう。


そんな方が ときどきいて耳にすると腹立だしくなったり 
悲しくなったりします。

ただ、家族としてでも
全く人と同じようにするのも限度はあるので 
鳥と人間の体の違いや生活スタイル・食べ物など
人とは違うところに一線は引いて
できるだけ人も鳥もお互い楽しく 
一緒に暮らしていけるように目指しているつもりです。

そして 同じ鳥同士であっても 
性格や顔も人と同じように違い
感情だって持っています。

他の仔と比べるのではなく
その仔の個性を発見して生かしてあげられるようにできたら
一番いいのかと思うのですが そこまでは
まだまだ難しいもので。。。でもそれが楽しいインコライフ。


同じ感覚で鳥を飼っている方は どれだけいるのか。

もっと もっと大事にしている方
それほど考えてない方
他の目的(繁殖などの商売目的)で飼育している方
もしかしたら それ以外の考えの方もいるかもしれない。

同じ鳥を飼っていても
考え方はさまざまなのです。


色んな考え方で飼っている方がいると
十分に解っているつもりでいても
命を粗末に考えられている事を知ると
心が痛みます。 悲しくなります。

小さくても一生懸命生きているのだから
大切にして 鳥も人も幸せに楽しく思える日が
一日も長く続き 幸せな日々をおくれますように。 
 




以前 ハムスター ミニーちゃんが通院していて 
その後お星様になったので 悲しくて 
直接 病院の先生にすぐ報告できないでいました。
心が落ち着いてから メールでお世話になったことのお礼と
残念な報告をしたのですが 今でも忘れられない言葉があります。

‘小さくても 大きくても 命の重さは同じだと思っております。’

たくさんの動物の命を扱っている先生から返ってきた言葉は
悲しみから 少し救われた気がしました。

1699_convert.jpg




ミニーちゃん(左) そして その子供のミルクちゃん(右)
とっても仲良し親子だったけど
天国で今でも一緒にいるのかなぁ。

以前 ミニーちゃんとミルクちゃんがいる時に
我が家に遊びにきて 
我が家からハムをお迎えした友人がいました。
それから年賀状だけのやり取りが続いていたのですが
4年ぶりに話がしたくて電話をしました。

ハムスターの寿命は短く 2~3年です。
今は亡き 互いのハムスターの思い出話をして 
ゴエからハムスターをいただいたことに 友人は感謝し
ゴエも 友人が大事に育てて長生きしたことに感謝し
お互いに温かい気持ちでいっぱいでした。




そして そんな日に またもやビックリしたことが・・・。

その続きは またのちほど 
         ご報告を・・・。

Leave a comment

Private :

Comments

いろいろな命
twitterからきました。めかぽしです。
ゴエさんの意見に大賛成です。
私も小さい頃から犬、猫、うさぎ、ニワトリ、ほろほろ鳥とさまざまな生き物に接してきました。
実は鳥デビューは夫と知りあってからなので日は浅いです。
動物の殺生に対して間のあたりにしてきました。
命は尊いものですが、
ペットを飼った人は最後まで責任をもつべきです。
もし、仮に何だかの理由で飼えなくなってしまった場合もしかり。
飼い主を探すのが一番ですが・・・。
保健所に連れて行くのは楽な事です。
自分で殺処分のボタンを押さなくていいから、惨い姿を見なくていいから。
最後まで人任せにしないできっちり責任を取るべきと感じます。
それができないのなら飼わない方がいいです。

ペットと人間、同じ生き物でもちゃんとけじめをつけてそして幸せに共存できるのが一番。

生意気な事を言ってごめんなさい。
ついついヒートアップしてしまいました。

続きを楽しみにしていますね。
Posted at 2010.11.27 (12:41) by めかぽし (URL) | [編集]
うちもミッキーの事、思い出したら悲しくなります。
なにがあってもペットは、最後まで大切にしないと、いけませんね。


ゴエさんも、イッシォ懸命頑張って下さい。
Posted at 2010.11.28 (00:34) by クール (URL) | [編集]
可愛いですね。
Posted at 2010.11.28 (00:40) by クール (URL) | [編集]
Re: いろいろな命
☆めかぽしさんへ
この記事を載せようか 載せまいか
かなり迷ったのですが
めかぽしさんみたいに同じように理解してくれる方がいると
とっても 嬉しかったです。

‘最後まで 責任を持つ。’本当にその通りです。
私達では そんな当たり前にことが
当たり前に思われてなく それを目の当たりにしたら
切なく 悲しく 時にはもどかしく
私も時々ヒートアップしてます。
Posted at 2010.11.29 (02:15) by ごえchan (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
☆クールさんへ
写真のミニーちゃんとミルクちゃんは親子で
ミニーちゃんの相手はミッキーちゃんでしたよ。
お星様になっても 最後まで大切にしていた子は
きっと やさしく私達をどこかで見守ってくれているような気がします。
Posted at 2010.11.29 (02:29) by ごえchan (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

ごえchan

Author:ごえchan
昔から動物が好きで インコと一緒に暮しています。
いつも我が家のインコ達の事ばかり思ってるかなりの親バカです。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
インコ時計
by Pets!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。