スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しい2月のお話【前編】

久しぶりのブログ更新です(*´∀`*)

予告していた通り、しばらくブログをお休みしていましたが
ゴエはバタバタと忙しくしていました。

実はゴエ家族のプライベートの話になるのですが・・・



それは去年の12月に血尿が出たゴエパパ。
痛くも痒くもなかったのですが近くの病院に行って調べたところ
クリスマスイブに膀胱(ぼうこう)ガンと宣告されました。


精密検査した結果、膀胱の中に柚子ぐらいに大きく成長してたガンは
ガンの種類でもタチの悪いガンで、正月明けてすぐに受けた内視鏡手術でも
完全に取れきれないほど膀胱に根の張ったガンでした。

そして2月4日、ゴエパパは膀胱を全摘して自分の腸で新しく膀胱を作る大手術を受けたのです。


腸で膀胱を作る???

今の医学の進歩ですねぇ。


それはいくつかの条件が合ってないとできない手術でした。

歳は70歳ぐらいまでで大手術でも耐えらるぐらい若い事 
膀胱の他に転移している可能性はないという事
ガンができる場所も尿道に近くなかった事

腸を少し切って 縫い合わせて新膀胱(ゴエの中では腸膀胱と呼んでます)を作る
10時間以上もかかる大手術でした。

手術の説明に立ち合ったゴエは当分、忙しくなる事は覚悟をしていたのですが
プログ更新が出来ないと自分でもわかるほどのアクシデントがありまして・・・


手術する3日前からゴエパパが入院していたので 一人で家にいたゴエママ。
色んなことを考え過ぎてパニックを起こし、倒れて手術の前日に救急車で運ばれました。

朝に運ばれた連絡で飛び起きた途端、ゴエも毎月苦しい思いをするものが始まり
タイミングが悪いな~っと思いながらゴエママの運ばれた病院へ向いました。


そんなドタバタの中、追い打ちをかけるかのように
いつも以上に悪くなってくるゴエの体。



ゴエパパの手術の前夜は血が止まらなく
大きなナプキンでも5分も経たずに漏れてくる状態。

下にバスタオルを2枚引いて寝たのですが
朝起きると真っ赤なタオルになって布団のシーツまで浸透していました。

それでも ゴエママを送迎したり 親戚も来るので手伝わないといけない。
ゴエの状態が悪いのを知っていながらもゴエママは一番頼りにしているのはゴエ。

これから大変な手術を受けるのに 笑顔でゴエパパを見送ってあげたい。

こうなれば
‘倒れても 病院だから なんとかなる!’という気持ちで
体力をできるだけ使わないようにコマ付きの大きなカバンに薬は勿論、
トイレットペーパー2つ、タオル数枚、夜用ナプキン2ケース、着替えを詰め
車を運転して病院に行きました。

手術前は親戚の方達とゴエパパは個室でみんな和やかに話をしていました。



そんな和やかに手術時間を待っている間にも
血は止まらず座っている椅子から床にポタッ ポタッと流れ落ちてきます。

持ってきたトイレットペーパーを気づかれないように床に落として
顔は笑っていても 下ではバレないように靴で床を拭くという
今 考えれば恐ろしい・・・まるで漫画のような・・・出来事。(T_T)

ゴエパパが手術を受ける30分前、これでは立ち上がって見送る事もできないと思ったので
個室部屋に付いてあるトイレに入ったのですが 普通のトイレの2倍広いトイレの床も一面血の海になり
トイレのドアの隙間から流れていく血を トイレットペーパーでせき止めるのが必死でした。
当然、病院のトイレだから横にある呼び出しぼボタンも目に入りましたが

‘ここで看護婦さん呼んだらきっとみんなパニックなる。(-_-;)
   この状態をみたゴエママは もっとパニックなるかも・・・’

と思うと呼ぶことも出来ず(´;ω;`)

一人でフラフラになりながらも広~~~いトイレ掃除をするゴエ。
(過去にこんなに必死でトイレ掃除したことがあっただろうか?)

掃除をしている最中、ゴエパパが手術室に行く時間になり(スカートだったので)
バスタオルを股に挟み バレないように歩いて ゴエパパを手術室にお見送り。

まぁ その後も色々あったのですが・・・

親戚も帰り一段落したところで予測通り、最後には病院でブッ倒れてしまいました。


そして これまた予想通りに 病院で倒れたので処置も早い!

おかげで すぐに意識を取り戻す事もできました。



しかし、あまりにもひどい生理痛が去年から続くので
近くの医大病院に検査していた最中だったし 倒れた病院は婦人科がなかったので
そのまま救急車で医大に運ばれ その日は安静にするように言われ
ゴエパパが手術から帰ってきた顔も見れず家で大人しく横になっていました。




ここからは 寝込んでいたので聞いた話になるのですが・・・

家族はゴエが倒れて運ばれた事は 手術を終えて帰ってくるゴエパパが心配しないように
周りの看護婦さんに口止めをしていました。


術後に意識を戻したゴエパパはゴエがいない事にすぐ気が付いたらしいです。

そして ‘しんどいから家で大人しくしている’と伝えた家族。
その後すぐ 目を覚ましたのを知って 手術してくれた先生がニコニコしながら
「○○さん(←ゴエパパ)、 よく頑張りましたねぇ~^^
  そして 娘さんも大変だったですねぇ~」 と手術中にも関わらずゴエの情報を知って話す先生。

家族からノーマークの先生がいきなり出てきて
言った言葉に 家族全員焦ったのでした。




ゴエの体調は完治した訳ではなく
これからも 色々と続く話になるのですが
まずは ゴエパパが治ってもらわないと
何も解決しないので ゴエは倒れて1日だけ休んだのち
平日はゴエ、週末は妹と交代で毎日病院に通い
ゴエママも心配なので夜は泊まり込みで一緒にいるような毎日を過ごしていました。


今は妹やゴエの願いも通じて ゴエパパも早く回復するするように頑張ってくれて
3月9日に退院となり 一つ大きな仕事が終えつつあるような気がしています。


2147convert.jpg

ゴエが心も体も折れそうなぐらい大変な時に
プラケースでまだ過ごしている我が家で一番身軽な初音ちゃんを約1週間、
ずっと一緒に行動を共にして ゴエを支えてくえました。

初音ちゃんと一緒にいれたことが どれだけ今回の支えになっていたことでしょう。
一番小さいけど 初音ちゃんもゴエと一緒に頑張ってくれました。(#^.^#)


※後編へ続く

久しぶりに日本脱出

少し更新がいつもより遅くなりましたが
実は韓国旅行2泊3日、テニス仲間のお姉さま方と一緒に6人で行ってきました。
パスポートも完全に期限が切れていたので 海外に行くのは数年ぶり。
関空から1時間半で行けちゃう韓国なので 日本脱出した感覚のないぐらい近かったです。

しかも、旅行のプランも関空までの道のりも 向こうに着いてからの交通機関、行事などなど
何もかも甘えっぱなしで ゴエには珍しく事前に調べることのない とっても楽な思いを
させてもらった旅行でした。
そして何かあっても6人もいれば 少しづつの知恵を出したらなんとかなっちゃう



李朝創始者の李成桂が建てた王宮、景福宮(キョンボックン)の中にある香遠亭(ヒャンウォンジュン)
健康運UPの場所です。

一応 観光地や体験を少し回るプランも入れてもらっていたので

1日目は 関空から金浦(キンポ)空港に到着し 
   ロッテ免税店、昼食後、景福宮で15時の守門将の交代儀式も見学、明洞で餃子、汗蒸アカスリ体験
   これでもか!と言うぐらいに色んなサウナに入って蒸され後にアカスリをして
   アカスリをした後もサウナ・風呂・サウナ・サウナ・・・
   やっと着替えてホテルにもどれると思っていても
   「はい^^ ここに入って!」とサウナの扉を開かれた時は
   目まいがして 1つ最後のサウナはキャンセルしたぐらいフラフラでした。
   でも 次の日はお肌はツルツル

2日目 世界遺産の水原華城(スウォンファソン)、東九陵、ソウル新羅免税店、紫水晶店、
   仁寺洞散策(インサドン)、迷いを吹っ切るパワースポット光化門広場(クァンファムクァンジャン)、
   清渓川(チョンゲチョン) 、明洞(ミョンドン)

1978_convert.jpg
 
   韓国の王宮の建物はとっても鮮やか!

1979_convert.jpg

   天井も目がチカチカするほど


1980_convert.jpg

   
1981_convert.jpg
 観光していて 鳴き声が聞こえてきて気になった鳥 カササギ
 日本にもいて佐賀県の天然記念物の鳥だったのですね。
 カラス科なので大きさはカラスぐらいでした。

1982_convert.jpg

歩き回って 仁寺洞(インサドン)にある 傳統茶院(チョントンダウォン)で庭園を見ながら



1983_convert.jpg
五味子茶(オミジャチャ)と伝統菓子(ハングァ)

赤い木の実を干して乾燥させ、蜂蜜や砂糖と一緒に煮込んだお茶で
効能としてはリラックス、ダイエットにもいいとか。





さて、またここでいつものように動き回って 食べた韓国の物を少し

1984_convert.jpg
まず1日目、韓国に着いて最初に食べたのが プランに入っていたランチ サムギョビサル



1985_convert.jpg

そして夕食は タクシーで行った明洞餃子のマンドゥ[8000W]
肉まんみたいな形をしていて 具は普通の餃子の3倍は入っている食べ応えのある餃子

そして もう一つの看板メニューである
1986_convert.jpg
きしめんのような平たい細手打ち麺のカルクッス[8000w]
ガイドブックに行列ができる店というだけに 味も日本人の私達にも合う食べやすい味でした。




2日目は 観光ツアー(って行っても私達6人で回る貸切だったのですけどね)朝食・昼食付きでした。

1994_convert.jpg

朝は韓国の昔ながらの朝食をこのお店で食べて




1987_convert.jpg
ランチはビビンバ 味付けは自分好みで出来るので
アツアツのを美味しくいただきました^^



1988_convert.jpg
そして2日目の夕食は明洞で焼肉。
やっぱり韓国は焼肉おいし~い
お店の人が全部焼いてくれるので焦げてしまうなどの失敗はありません。

1989_convert.jpg
焼肉屋で食べたパジョン。日本ではチヂミのこと。
厚みがあって 外側が油でサックリと 中はしっとりとした生地。
とっても美味しくて おかわりして食べたぐらい





3日目の朝、朝洞でアワビのおかゆを食べて 午前中は明洞のコスメショップを巡りor明洞聖堂、南大門市場へ


1990_convert.jpg
ランチは内臓を抜いた鶏の腹に朝鮮人参、クルミ、ナツメ、もち米、クリなどを詰め
じっくり肉が柔らかくなるまで煮込んだスープ 参鶏湯(サンゲタン)

1991_convert.jpg
明洞の屋台でトッポギ[2500w]
食べた瞬間は甘くて美味しかったのに見た目以上に辛い!辛い!
火が口から吹きそうな辛さでした。
このトッポギはかなり煮込んでいたようで 過去に食べた人から言うと
辛さは もっとマシで美味しい食べ物らしい。

棒状の餅をコチジャンと砂糖で煮たもので 腹もちは良さそうだけど
あまりの辛さに半袖Tシャツ姿になっても背中から汗が噴き出してくるぐらい
体はポカポカ、口の中はヒリヒリになるトッポギでした。

1992_convert.jpg
お口直しにホットッ[1000w]
生地は少しモチモチとした食感にあんこが入って 
京都の生八つ橋を少し思い出させるような上品な味。

そんな日本を思い出すような味を最後に食べつつ
帰国した日本。

秋らしい気候を日本より少し早く感じる韓国。
食欲の秋・紅葉の秋でした。


1993convert.jpg


※写真は‘食’の方が多いのですけどねぇ。





 

   

祇園でNO1の舞妓はん?!

今回の記事はインコやハムではなくて ごめんなさい。




先日、祇園(京都)で可愛い舞妓ちゃんに逢ってきました。

1950_convert.jpg

あまりの可愛さにゴエカメラマンもテンション 



1948_convert.jpg

扇子を持ってポーズ


1949_convert.jpg


1953_convert.jpg

1955_convert.jpg

お座敷に行く感じ風に・・・



1956_convert.jpg




もう、お気付きの方はいているのかもしれませんが
実は これはプチゴエ(姪っ子)なんです。
今、中学2年生になりました。


京都の祇園で舞妓ちゃんに変身させてくれる‘夢工房さん’ で舞妓体験をしてきました。
この写真は舞妓姿になったゴエカメラマンの写真ですが(舞妓姿までなってカメラマン!?)
プロの方が もっと綺麗に撮ってくれますし 若干修正もしてくれます。

1954_convert.jpg

1946_convert.jpg

やっぱり 本人にポーズを要求すると
不釣り合いな このピースサインです。



プチゴエは最初、舞妓になるのは そんな気乗りではなかったのですが
「一緒に行こう!」ってゴエが無理やり誘ったんです。
 (ゴエがやること なすこと マネしたがる姪っ子

だって ゴエの家系は目が二重でパッチリなのに対して
プチゴエの目は細くて 年頃になった本人はとても目を気にしていました。

ゴエは いつも
‘着物が似合う顔なんだよ。’
‘化粧したら違ってくるよ。’と言い聞かせていたのですが
化粧もまだしない年頃だし、着物も着る機会も少ない世の中で
本人は納得もしていない様子だったのです。

それでも言い続けてきたのはプチゴエにも 自分の顔の短所と思っている所を
長所として見てほしかったし 魅力のあることを気付いてほしかったのです。

そして この舞妓体験をしていることを知り
早速 一緒に予約して実現しました。

本人も 自分が似合うことなど思ってなかったのか
写真を見て とっても喜んでいました。
1947_convert.jpg

自分の携帯で撮ってもらった舞妓写真を見て このニヤケ顔。

かなり満足しているようですね^^







って・・・ゴエの舞妓姿ですが・・・

あまりにも似合い過ぎている姪っ子と一緒には歳も歳ですし
ココではご勘弁を・・・


ただ、本当にゴエが舞妓姿になったのかは工程だけですが
(お見苦しいので)少しだけ・・・


1958_convert.jpg
(ゴエの妹撮影↑)
お化粧もその人に合った化粧をしてくれるので
とっても安心できました。

だた、おしろいは 肌の水分をとられるようなので
ご年配の方は 化粧をとった後は たっぷり化粧水つけた方がいいかと思いますよ。

1957_convert.jpg

部活で真っ黒に日焼けしているプチゴエでも
おしろいを塗れば 完全に隠れてしまってます。

お客さんの中には 外国の方もいたり
かなりの年輩の方もいて楽しんでいておられました。




ゴエもプチゴエも そしてプチゴエの姿を見て喜んでいる家族も
とっても楽しく いい思い出となった一日でした。




舞妓体験 STUDIO 夢工房さん→http://www.yumekoubou.info/ 
※店によって色々と違ったり 舞妓姿で散策もできる所もあるので
  コチラのHPでチェックしてみてくださいねぇ。
  持参したカメラで満足いくまで撮り放題のサービスはあるので 
  是非写真を撮ってくれる人と一緒に行った方がお勧めです。
   (撮る人が女性なら化粧している所も撮影OK)
  今なら、キャンペーンもしていますよぉ~。

  

2011 お盆すぎて

毎日 暑い日が続いていましたが

お盆は みなさまは どう過ごされていたでしょうか?
我が家は一般のお盆休みの時期は特に変わりない日を過ごしていました。

しかし やっぱりお盆は お星様になった仔達がかえってくる時期だと思うと
いつも一言ぐらいの話しかけも 久しぶりに霊前で長く話しかけてしまいます。

みんな元気なのを報告しても なぜか悲しくなって
自然に頬につたうものが流れてきてしまいました。

そんな時、チョン!っとキヨちゃんが肩に止まってくれて
私を勇気づけてくれるように 優しくなめてくれます。
ずっと ずっと 一緒に霊前を眺めてくれて そばにいてくれました。
きっと キヨちゃんも一緒に遊んだみどりこ兄ちゃんに 愛しするゆきちゃんに
何かを伝えているようでした。


そうですね。 私だけが悲しんでいる場合でもない。
この可愛い仔達がいるから 日々頑張れるのですね。


ありがとうね。

生きている仔達にも お星様になった仔達にも
感謝と愛を感じながら これからも楽しく明るく過ごしていこうと
思うのでした。





8月 広島へ

1903_convert.jpg
8月に入って 広島へ行ってきました。

小学校の修学旅行しか行ったことがない広島に
もう一度 行ってみたかったのです。

さて、知っている人はtwitter&mixiでも つぶやいていましたが
どこに行っても なぜか食べ物や鳥グッツに目の行くワタシ。。。

プログでは リアルに紹介できなかった写真を載せていこうと思います。





1904_convert.jpg

1日目は 朝一番に今年8月にリニューアルオープンしたばかりの
宮島水族館に行ってきました。

このイルカさんの表情が なんとも可愛くて
泳いでいる時も楽しそうだったのが印象的でした。

1905_convert.jpg

窓のところで頭を上につけて 
なぜか気持ちよさそうにしているペンギンちゃん。(冷たいのかな?)

1日目は
宮島で過ごし 夜は広島市内のホテルに泊まりました。





2日目 8月6日の朝 グッスリ寝ていたのですが
偶然にも8:15に起きてしまったワタシ。

傘をささなくてもいいぐらい
小雨が降る朝でしたが すぐに快晴。

ランチは予約していた京橋川沿いの牡蠣亭に行きました。


1906_convert.jpg
前菜

1907_convert.jpg
牡蠣スープ

1908_convert.jpg
プレート1 【写真のサラダと牡蠣のバケット】

1909_convert.jpg
プレート2

1910_convert.jpg
プレート2

1911_convert.jpg
牡蠣飯

以上のメニューでオイスターランチ1200円で食べれるなんて・・・
とっても美味しかったです。

また食べられる時期は通年だから この時期でも食べられて良かった。


しかし、デザートはないので 他の店から買ってきて持ち込みも出来たのですが
同じ川沿いにあった いい感じのカフェも近くに見つけました。

1912_convert.jpg
ムッシュムパネンさん


お店の中の雰囲気もいい感じでしたが
窓辺の方に腰掛けて アイスティーとケーキを堪能。

1913_convert.jpg
1914_convert.jpg

どんなに昼食を食べてもデザートは別腹ですよね^^







そして少し商店街をブラブラ歩き
1915_convert.jpg
暑くなってきたので 商店街から少し離れた所の
ポーラーベアでお勧めのピュアミルクと抹茶を食べて
暑さをしのぎました。

あとは、手作り雑貨屋さん リシュリシュさんにて
小鳥グッツを買いあさり 「とりさんが好きなんですね^^」と言われ
返事は「はい^^」と簡単に済むこともなく 色々聞かれたので
そこから またもや鳥話になってしまいました。

やっぱり どこに行っても我が家のインコちゃん達が忘れられない。。。
 

さて、この旅行に行く時はやっぱり一番心配なのは
インコのキヨちゃん達もそうだし ハムのクラちゃん達
そして植物や魚達です。

一番の問題は 留守番させられるのを嫌い 
ゴハンを全部下に投げ落としてしまうキヨちゃん。

1泊でしたが たっぷりのゴハンとヒエ穂を入れて出かけました。
1916_convert.jpg

それはねぇ~ 一番あなたが問題児だからよぉ~。

不思議そうにしているキヨちゃんに これから嫌な留守番が来ることも知らず。

案の定、帰ってきた時は キヨちゃんはプンプンになって怒っていて
チョコちゃんは鼻息をフガフガさせながら 横フリで喜んで迎えてくれました。

ルミちゃんは・・・?
帰ってきたのが 夜だったので 眠たそうな顔をしてました^^
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

ごえchan

Author:ごえchan
昔から動物が好きで インコと一緒に暮しています。
いつも我が家のインコ達の事ばかり思ってるかなりの親バカです。

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
インコ時計
by Pets!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。